かてきょManual
かてきょManual

家庭教師を選ぶポイント

家庭教師の上手な選び方についてご紹介していきます。家庭教師の探し方は色々あります。先ずは、具体的な探し方について解説していきます。

知人などで信頼出来る人がいないか

知り合いの紹介だと、家庭教師の身元がしっかりしていて安心です。でも、親戚などあまり関係が近いと、互いに気を使ったりしてしまうこともあるでしょう。実際に家庭教師を頼んでる人に、先生の評判などを聞いて、その先生に依頼してみるという方法もあります。

大学の求人課で探してみよう!

家の近くに大学などがある場合は、求人課があるのでそこで家庭教師を募集すると良いと思います。また大学に直接電話して聞いてみるのも良いと思います。何人か面接をして、その中から子供と相性のいい家庭教師を選択するといいでしょう。

でも、大学の公開求人の場合だと、「学生になりすました人」が紛れ込んでいる場合もあるようす。ただ、大学に学生であるかを確認したり、学生証を見せてもらうなどして注意も必要となるでしょう。

掲示板などを利用しよう!

スーパーの掲示板だったり、フリーペーパーの求職情報などで家庭教師が生徒を募集している学生もいるようです。でも、信用出来る相手かどうかわからなかったり、女性の方の家庭教師は見つけづらいというデメリットがあると言われています。

インターネット上の仲介サービスや掲示板を依頼してみよう!

現在、インターネット上では、多数の家庭教師紹介サービスのサイトがあります。そのほとんどが、5千円~3万円くらいの紹介手数料のみで家庭教師を紹介してもらえるようです。登録している家庭教師も学生からプロ講師までいるので、目的に応じて探すことが出来ます。

また、何人か面接してから家庭教師を選択することも出来ます。

家庭教師派遣会社を利用しよう!

社会人のみしか家庭教師の登録しない所もあれば、学生専用の所もあり、それにより、費用にもかなり差が出るようです。高額の入会金や年会費を必要とする所もありますが、月会費のみや個人契約を推奨している業者であれば仲介手数料のみ1回だけで済む場合もあります。

また、業者によって社員の対応や、教師に対するフォローもかなり差があるようです。家庭に対するケアも全くやらない所もあるようです。パンフレットやインターネットの情報だけでは理解できない部分も多いので、出来るならその業者を利用したことのある人に聞いてみて、いろいろ比べてみる方が良いでしょう。