かてきょManual 家庭教師会社の選び方 家庭教師のメリット&デメリット 家庭教師を選ぶPOINT1 家庭教師を選ぶPOINT2 家庭教師になるには? お問い合わせ
かてきょManual

家庭教師になるには?

こちらでは、家庭教師になりたい人のために、家庭教師になるための方法をご紹介します。

家庭教師の講座を受ける

家庭教師になるための講座を受けて家庭教師になる手段もあります。この場合には、家庭教師になるための講座を受ける必要があるため、費用がかかってしまう可能性があるでしょう。講座では主に、教え方や学習計画の立て方・受験への対策などを中心として教えてくれます。

家庭教師をはじめたいけど、自身の無い人や、スキルをアップしてから家庭教師になりたいという方におススメでしょう。

家庭教師センターへ登録

全国の家庭教師派遣会社の家庭教師募集情報がネット上にたくさんあります。インターネットなら全国の家庭教師センターの求人の情報を時給などの待遇面などと比べてすぐに電話で一括登録をすることが可能です。

家庭教師センターなどによっては、直接事務所へ行って登録をしたり、試験を受験したりすることもあるようなので、申し込みは、インターネットや求人情報などを中心にして調べて、分からないところはきちんと確認しましょう。

個人契約の生徒募集案内に載せる

現在においては、個人契約の生徒募集案内を利用して、家庭教師の仕事を募集する方法があります。生徒募集の案内板は主にインターネット上に載っているので、自分の自己紹介を掲載して、個人契約の家庭教師の生徒を募集する方法となっています。

掲載料は紹介料は無料名サイトや広告などもあるようなので、先ずは確認をしてみてから掲載しましょう。

知り合いに紹介してもらう

自分の周りにいる親戚や友達のつてによって紹介をしてもらうケースもあります。この場合は、紹介者から色々話を聞くことが出来るし、紹介者から家庭教師になる自分の事を親と生徒に話してくれるので準備が楽でしょう。あらかじめどんな学校の受験を希望しているかなどがわかれば、授業内容も考えやすくなります。

でも、完全に個人契約となるので、指導内容や受験にかんすること、指導日を決めるだけではなくて、給料に関連する話し合いも自分で行う必要があるでしょう。トラブルなどが起こった場合は、悲しいことに周りに味方となってくれる人がほとんどいません。

親御さんと仲良くすることはもちろん、紹介をしてくれた人に相談をするように心がけたほうがいいでしょう。

終わりに

家庭教師になるのは、比較的簡単です。でも、採用された後に家庭教師として腕を磨くのは自分自身です。努力が必要となります。また、身内や親戚であっても、お金をもらう以上は、プロとしての態度で臨みましょう。